2009年08月05日

板橋区S邸現場

今月からは現場のレポートをして行きたいと思います。
現場実況担当の永友(拓)です。

今回は板橋区S邸です。木造3階建ての個人住宅です。(一部店舗)
8月末の完成に向け順調に工事が進んでいます。


外部は足場が取れていてシルバーの外壁がとてもきれいです。

S邸外部.jpg

内部は内装仕上げ工事中です。
この日はペンキやさん、床やさん、家具やさん、電気やさんが作業していました。

S邸内装2.jpg

S邸内装.jpg

S邸内装3.jpg

完成まであと一息!ガンバッテ下さい!!

なお、今月末にはお客様のご厚意でオープンハウスをさせていただく予定です。
詳細はまたご報告いたします。
posted by 鞄燗c工務店 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年07月24日

犬っぺ。

どうも、またまたお久しぶりになっちゃいましたね。

このブログは鞄燗c工務店のブログなので、
あんまり個人的な事を書いてはいけない。
と思ってると、ネタがなかなか無いので、
ジワジワと個人的な事を書いてしまおうとひそかにたくらんでる学です。



さて、今回は個人的な事ではなく、
我が社のマスコット?についてです。




その子は今からちょうど6年前にやってきました。
   (ちなみに僕は2年チョイ前に会社に入りましたが・・・)
チビドリー.JPG
その名はオードリー♀ ゴールデンレトリバーです。
いえいえ。あの「トゥーッス!」じゃなく。
ヘップバーンのほうね。
名付け親は社長の奥さんです。
流石はなかなかイカレタセンスですね♪




この子はとっても優しい子ですが、
僕が幼少のころから尻尾の付け根をナデナデしてやると喜ぶので
そこばかり撫ぜていたら、今では人の注意を引いた後、
すぐにお尻を向ける子になってしまいました(泣)
そして絶対、人と目を合わせない、、、
なんか、後ろめたい事でもあんの?




それからとっても臆病。
電車や雷の音が大嫌い。
以前、お散歩に連れて行く時、
「いつもと違う線路を越えたコースを行きたいな。」
と、踏み切りのほうの道に連れて行こうと思ったのですが、
全体重をかけて踏ん張る踏ん張る。
社長様の一家なら、ここであきらめるのでしょうが、
そこは身長182cm 体重約90kgの私と綱引きで勝とうなどとは生意気なっ!
とグイグイ引っ張って無理やり線路を渡りました。(←鬼)



すると今度は線路から離れるために、
グイグイ家と反対方向に引っ張ります。
それもさせるか!と無理やり家に戻りました。(←外道)



家に帰ってから気づいたのですが、踏ん張りすぎて、
足の爪から血が出ていました。
ゴメンね。オードリー、、、



それ以来、余計に電車などの音を怖がるようになり、
雷はおろか、飛行機の音がするだけで、散歩の途中でも家に帰ろうとする子になったとさ♪
めでたしめでたs(←おあとがよろしくない)







そして夏場はかなりのグータラ(笑)
毛が長いせいか、夏は特にぐったりしていて、
この季節、昼間はずっとクーラーの効いた事務所に寝そべっています。

その時の表情はこんな感じ
ふてドリー.jpg
あぁ、、、いぢめたい黒ハート



しかも、お気に入りの場所がまた憎い♪
オードリー塞ぎ.jpg
画像右上はプリンターなのですが、
社員全員が使うので、印刷物をプリントアウトして取りに行く時
非常に邪魔です(笑)
近づいても全くどいてくれる素振りも見せません。






皆さんも、内田工務店の事務所にお越しの際は、
ぜひオードリーちゃんを弄んd・・・可愛がってくださいね。






尻尾を引っ張っても、乗っかっても全く怒りませんから♪
おかげで、うちの息子達は犬の恐ろしさ知りません・・・
それはそれでちょっと恐ろしいですけどね。



最近、顔の毛が白くなってきて、マダムな感じになってきたなぁ・・・
いつまでも元気でいて欲しいものです。
我が社のマスコットちゃんですものね。
posted by 鞄燗c工務店 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | about内田工務店

2009年06月10日

継がれてゆくもの

どうも、ついに5月は一度もUPできなかった学です、、、

申し訳ないので、
今更5月にあった結婚式の日記でも書いてみようと思います。



場所はお台場。
普段、生活のほとんどを作業着で過ごす私などには
全く縁のない場所で、
ゆりかもめに乗るのも初めて。
空いていたので、一番前の席に座ってしまう。
ゆりかもめ.jpg

しばらくして、子供が来たのであわてて譲りました。
私も大人になったものだなぁ、、、と
しみじみ思いました。






さて、お台場は都会のくせに空が広い。
その空の下で、結婚式が行われていました。
結婚式.jpg
この結婚式の新郎くんは、左官屋さんの跡取り君なのです。
まったく。
綺麗なお嫁さんもらいやがtt(←×)

オッホン。
で。
そのお父上様に前々からお世話になっていたもので、
今回、社長と私がお招きに預かったのでした。

お台場という場所柄、披露宴会場も斬新で
照明が暗くて壁も白ではなく、濃い茶色の木目だったり。
そして、各テーブルには花飾りではなく
大きな生木が生えているような感じでした(笑)

ケーキ入刀.jpg
幸せそうなお二人。
ケーキ入刀の後、新郎新婦がお互いに「あ〜ん」して食べさせ合う
という見ていて腹立たs、、、素敵なイベントがあったのですが、
新婦は一口じゃ入りきらない大きさのケーキを
無理やり新郎の口にねじ込んでいました♪
我が社の社長も
「ありゃ、尻に敷かれるな、、、」
と申しておりました。
アーメン。

しかし、左官屋さんのケーキだから漆喰でできてるかも、、、
と思ったのは内緒です。


そのあと、来賓様の挨拶、我が社の社長の乾杯の音頭で
待望の会食タイム♪
前菜.jpg
これは前菜のナントカカントカのナントカです。
このように一皿一皿
見た目も味も美味しい料理が次々と出てきたのですが、
一皿目以外は食べるのに夢中で撮りませんでした(←×)


披露宴は、スライドショー、
新婦さんの親御さんへの感謝の手紙と進んだとき、
社長が「学は娘を送り出す父親の気持ちはわからないだろうなぁ」
というような事を言いました。

少し社長が嫌いになりましt(←子供は息子二人で娘がいない私)



その後、新郎父挨拶、新郎挨拶と
あっという間に進んでゆきましたが、
いつもは飄々としている左官屋の社長さんが、
やはり飄々と挨拶(笑)をするのですが、
突然、感極まって言葉を詰まらすシーンなどは
こちらも涙が出ました。

新郎挨拶も跡取り君は立派に勤めあげました。

とても素敵な結婚式でした。


------------------------------------------------------------

こうやって、協力業者さんの結婚式などにお呼ばれすると、
この人たちの為にも、立派に会社を存続させていこう!
とフンドシを締めなおす気分にさせられます。
我が社のお抱え大工さんたちも、若い後継者達を育て、
いまや親父さんを追い越そうという勢いで働いています。

企業の存在意義は「継続させること」なんだそうです。

特に、内田工務店のように「地域密着型工務店」は
今までに建てさせてもらった建物に責任があります。

先人達が培った技術や経験を常に学び、
さらに次世代につなげてゆくのは大事な事なんだなぁ。
と強く考えさせられた結婚式でした。
posted by 鞄燗c工務店 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月27日

言われなければ気づきませんが

どうも。
今期から、自分の奥さんも内田工務店で働く事になったマスオ道一直線の学です。


さて、今日の内容ですが、内田工務店のマークについてです。



我が社のマークはキャラクターになっているのは、ご存知でしょうか?
少し珍しいマークなので、キャラクターっぽかったなぁ、、、
と言う印象程度は我が社を知る人なら持っていると思います。




・・・実は、そのキャラクターって2種類存在してるって知ってました?


鳶さんバージョン
鳶マーク.jpg




大工さんバージョン
大工マーク.jpg


まぁ、だからどうなんだと言われても困りますが、
内田工務店のマニアックな雑学ってことで、
今日はここまで!!(逃)
posted by 鞄燗c工務店 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | about内田工務店

2009年04月22日

21年度安全衛生協力会旅行

ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、
この間の4/12〜13に、
内田工務店安全衛生協力会の旅行がありましたので、
記事にしたいと思います。



まず行き先は愛知県。


朝、本社前に集合して、そこからバスで向かいます。
バス旅行の醍醐味といえばなんでしょう?






























寝顔.JPG
そう、爆睡ですね。
口をあけて寝てなくて良かった♪といったところでしょうか?
人によっては爆酔してる人も居たとか居ないとか、、、




いつの間にかお昼ご飯の時間になっていました。
今回お邪魔したのは、ひつまぶし発祥のお店といわれている
名古屋市熱田区にある「あつた蓬莱軒」さんにお邪魔しました。

明治6年創業のこのお店は、名古屋でも有名なお店らしく、
大変混雑していましたが、
団体予約をしていたのですんなりと中へ、、、

しかし。結構待たされました。
なんでもお店のこだわりで、団体のお客さんでも、
到着してからじゃないと作り始めないんだとか。
おかげで、大変美味しい「ひつまぶし」が食べられました♪
おひつまぶし.jpg
蓬莱軒さんは味もさることながら、ボリュームもあり、
体を動かす商売をしてる参加者の皆さんでも
食べきれない方もいたので、おこぼれに預かれました。
コレでまたぐっすり眠れそうでs(←メタボ一直線)


さて、お次の目的地ですが、
名古屋といえば名古屋城。
この日は天気も最高で少し汗ばむぐらいでした。
名古屋城.JPG
どうです?この眺め!

ここ名古屋城は戦前まで一部が建立当時のまま残っていたのですが
大空襲によって焼失してしまったので中は意外と近代的でしたが、
その分資料関係が豊富で見ごたえ十分でした。





その後は、窯業の町で知られる常滑市で
ちょうど常滑祭が行われているということで立ち寄る事に。

この御祭りは山車を引く祭りで、それぞれの町内自慢の山車を
色とりどりのハッピ(髪の毛の色も)を
着た人たちが引っ張っていました。
からくり山車.JPG
この人形動くんです、、、
凝ったカラクリだと思うのですが、ちょっと怖かった、、、


そして窯業の町と言うだけあって、
町にもそのへんのアピールがありました。
招き猫.JPG
こんなのが、バス通り沿いに続いているのです。
招き猫.JPG
普通に考えると割られたりいたずらされないのかしら?
と思ったのですが、
自分の町を愛する人たちはそんな事しないんでしょうね♪



そして、今日のお泊りは、南知多温泉の「花乃丸」さん
知多半島の海沿いにあり、とっても綺麗な海の景色を見ながら
露天風呂に浸かれる旅館でした。
部屋から海が見られるのですが、この日は月がとても綺麗でした。


------------------------------------------------------------


次の日は、コレまでに見た事がないぐらい
豊富な品数の朝食バイキング(僕はご飯6杯食べました)を経て
半田市にある中埜酒造さんの国盛酒の文化館へお邪魔しました。
国盛.JPG

入口の上にはこんなものがありました。
杉玉.JPG
コレは杉玉と言って、
「今年も美味しいお酒が出来ましたよ」
というお知らせなんだそうです。
だから飾りたての時はまだ青々としているそうです。


そして案内の方に昔の酒造りの道具などを紹介していただき、
その後に現在の酒造りのビデオを見せてもらいました。

そこでは、最新の技術による酒造りを紹介しており、
「・・・別に昔ながらの酒造りにこだわってる訳じゃないのね、、」

と少しのけぞりましたが、そこで作られる色々な種類のお酒を
テイスティングさせてもらって美味しかったので良しとしましょ♪



旅の締めは、ここ、知多半島のブランド牛「知多牛」のすき焼きを
いただいて、大満足で帰路につきました。


また来年も変わらぬメンバーで楽しい旅行ができたらなぁ〜と
思いました。






P.S  体重が4キロ増えたのは内緒です。

   長文失礼しました。
posted by 鞄燗c工務店 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年02月02日

内田工務店新年会

今年からブログを始めてみる事にしました。
内田工務店入社2年目の平社員の学ですm(_)m


さて、先日(1/31)に内田工務店の新年会が
南常盤台の魚辰さん2階で開催されました。


幸いにも50名を超える参加者を向かえ、
盛大に催すことができました。
2009新年会

「景気的に暗くなりがちな時代ですが、
そんなときこそ経営者は笑顔で過ごしましょう!」
というわが社の社長の挨拶で開宴し、
その言葉どおり終始皆さん笑顔での宴会になりました。


この新年会のように、笑顔で1年を過ごしたいものです。

posted by 鞄燗c工務店 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント