2012年06月16日

2012年 安全衛生協力会 総会旅行

皆様、大変ご無沙汰しております。
気づけば、前回の投稿から、1年と半年、
JVで中学校を担当させていただいていた、
マスオこと学が帰ってまいりました。



おかげさまで、無事に中学校の引渡しも終わり、
内田工務店の通常業務に戻ってきたわけですが、
ぼちぼち、ブログの更新もしていこうかなぁ、と思っております。
皆様、長い目で見てやってくださいませ(汗)





さて、今回のお題は安全衛生協力会の旅行ということで、
通常なら、訪れた先々の様子を画像をまじえて
面白おかしくご報告ということになるのですが、
今回の旅行の主旨は、「視察」ということになっております。
なぜなら、行き先は被災地でもある、仙台と女川町となっておりまして、
単なる旅行ではなかったので、
すこし真面目な話もまじえてお伝えできればと思っております。




4/15(日)AM7:00 板橋の内田工務店をバスにて出発。


東北道を通り、昼ごろに仙台青葉城跡に到着いたしました。



青葉鳶跡.JPG
見てのとおり、震災の傷跡が残されておりました。
もともとこれは、立派な鳶の像が乗っかっていた台なのですが、
鳶が落下して、下に転がっておりました。
これは再建しないで、ころあいを見て取り壊してしまうようです。
さすがにこの方は健在でしたが、
DSC03324.JPG
そうです、伊達政宗公ですね。
やはり、タフなお方だったのでしょうか?
ご無事で何よりです。



この城跡だけでも、修繕や、まだ危険なので、
入れないようにしてある場所がありました。
もう震災から1年以上経つのに、、、
と、単純に思ってしまいました。
この旅行が終わるころには、まだ1年しか経っていないんだ。
と強く思わされるのですが、それは追ってお伝えしてゆきます。






次に訪れたのは、仙台市内にあります
「あすと長町ニュータウン」といわれるところです。
いわゆる仮設住宅です。
視察にあたっては、ここの自治会長様のご好意をたまわりまして、
わざわざ、ご挨拶と説明までいただきました。
ありがとうございました。

それによるとここは、宮城県初の仮設住宅だったので、
設置にあたり、いろいろな苦労と試行錯誤が今でも続けられているとのことでした。

当初は、砂利敷きの土地にプレハブ住宅を設置しただけの簡素なものでしたが、
そこに住まわれた方の意見で、どんどん改良がなされて、今の形(下画像)になったようですが、
DSC03334.JPG
雨が降ると水溜りだらけでぐちゃぐちゃになっていたので、排水設備とアスファルトを施工したとか、
縁の下に風が通り過ぎて寒いので囲ってみたとか、
風呂のリモコンが1つしかついていなくて不便だったとか、
当初、追い炊き機能がなくて、沸いたらすぐに家族全員入らなければならなかったとか、
あまりに夏暑くて、冬寒いので、断熱をしてもらったが、
給湯器などの設備がついている壁面は、工事が容易でないので施工してもらえなかったとか、
まだまだ、書ききれないぐらいの苦労と交渉と改良が加えられていました。
ろくにノウハウなんてない状態のスタート。
被災地の皆さんの素晴らしい努力で今の仮設住宅になっているようです。

しかし、ここで思ったのですが、
そもそも、「仮設住宅」という呼び名が間違っているような気がしてなりません。
そりゃあ、いろいろな手続きを経て、いつかはちゃんとした住宅に移り住み、
そこを後にするのでしょうから、それまでの「仮設」ですが、
工事現場の仮設事務所とは違い、本気でそこに人が暮らすのですから、
「仮住まいの家」であって、「仮設の家」であってはならなかったんだと思いました。

仮設→プレハブでOK→急げ!だったんでしょうね。
避難所の生活から、一刻も早く脱出させたかったという状況を考えれば
仕方がなかったのか、、、と思えなくもないですが、
実際にここで暮らす人のお話を聞き、目の当たりにすると、
住宅に携わる仕事をしている自分としても、
もっと良いやり方があったのではないか?となんだか悔しくさえ思えました。




まだ、視察のお話の1/3も進んでいないのですが、長くなったので次回に続きたいと思います。
posted by 鞄燗c工務店 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年01月13日

新年明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。


ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、
年も明けましたので、ブログをアップしてみる
内田工務店のマスオこと学です。


しかも、年が明けてから半月経過してしまいましたが、
皆様いかがお過ごしでしょう?


私は、今、内田工務店の得意分野である木造住宅を離れ、
共同企業体に参加させていただき、
板橋区内の区立中学校を建設しております。

「地元の工務店」というイメージの内田工務店ではありますが、
総合建設業として、あらゆる建築物に携わらせていただいております。
犬小屋から、商業ビルまでお気軽にご相談くださいませ♪

さて、私の現場の模様はいずれ。ということで、
今回は、昨年度末の内田工務店のイベントのご報告をさせていただきま〜す。



まず、毎年恒例となっております「餅つき大会」
これは、かれこれ35年は続いているイベントで、
地元の工務店として、お客様や関係業者で行っています。

昨年度は12/23の祝日に行われました。
午前中からもち米を洗ったり、火をおこしたりと段取りをして、
だんだんとつき手が集まってきたところで、
蒸らしたもち米をお越しいただいた皆様でつきます。
餅つき3
内装屋さんと社員

餅つき1
その辺に居た子供(うちの長男と義兄の長女)

餅つき2
美人社員&奥方(あ”〜写真が美人過ぎてブレちゃった)

と、みんな巻き込んで餅をつきます。
手馴れた方、初めて杵を持つ方、まったくお構い無しでついていただいております。




・・・だって、餅米90kg分だもの。

今年は、祝日に開催したのもあって、
仕事を終えた職人さんの参加が少なかったせいか、
私なぞは手の血豆がつぶれました(笑)

ここでついたお餅は、この場で食べる為のものだけではなく、
鏡餅にしたり、切り餅用に薄く延ばしておいたりして
皆様に持ち帰っていただくんです。
90kgでも足りないぐらいです。

しかし、毎年のこのイベントで、いろいろな方にお会いしてご挨拶もできますし、
一年の終わりを美味しく楽しく締められる、内田工務店に欠かせないイベントの一つです。




そして、12/28には、大山の好味来さんで忘年会でした。
忘年会2

同じ会社の社員とはいえ、
皆、個別の現場を持って行動しているので、
こうして社員一同集まることはなかなかないもので、
始めはなんとなく緊張してしまいますが、
美味しい中華料理とお酒で、
だんだんと言い辛いこともいえるようになったりならなかったり、、、
ご覧の通り楽しかったです。
事務のおばty、、、おねぇさま方も参加してくれたし♪
忘年会1


さて、また長くなってしまいましたが、
こうやって振り返ると、会社にとって恒例のイベントというものは、
大切なんだなぁ、、、と改めて感じました。
仕事が忙しくなると、ついつい疎んじてしまいがちですが、
忙しい日々を過ごしている時にこそ、メリハリをつける意味でも
大事なんだと思います。


皆様は、イベントを大事にしていますか?
次回は、新年会の模様をお伝えすることになると思います。
それでは!
posted by 鞄燗c工務店 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年08月12日

2009納涼会

気象庁は梅雨明け宣言を間違えてしまったんじゃないかしら?
と思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

今夜から車で高速をかっ飛ばして
京都に行く計画を立ててしまった学ですバッド(下向き矢印)
中央道か、東名を途中で降りるコースか未だに迷っております・・・



さて、先日、毎年恒例の内田工務店納涼会がありましてので、
その模様を報告させていただきたいと思います。

8/8(土)17:00〜内田工務店1F駐車場で
開催された納涼会でしたが、微妙な天気にもかかわらず
たくさんの参加者でにぎわいました。
納涼会5.jpg
見ての通りの盛況ぶりで、
まともな椅子が全然足りなかったのですが、
現場で鍛えられた皆さんは、段ボールを敷くなどして、
ワイルドに楽しく過ごしていただきました。
恐縮です。
ちなみに、写真中央の協栄会会長・板倉さんが持っているのは
我が社のマークが大きくバックプリントされたTシャツです。
基本的には社員が着るように作られたものですが、
協力業者の方々にも着ていただこうと、
少し多めに作ったものを無理やり配っているところでs


結局、50人ぐらいは参加していただいたようです。
余るだろうな、、、と思っていたお肉も完食していただき、
片付けが楽でしたよ(お土産用の肉にありつけなかったけど


まだまだ景気が良いとはいえない世の中ですが、
こういったイベントで企業間の結束を固めてゆく事も
大事な事だと感じましたが、
何よりも単純に楽しい!ってのが一番ですね♪
posted by 鞄燗c工務店 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年04月22日

21年度安全衛生協力会旅行

ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、
この間の4/12〜13に、
内田工務店安全衛生協力会の旅行がありましたので、
記事にしたいと思います。



まず行き先は愛知県。


朝、本社前に集合して、そこからバスで向かいます。
バス旅行の醍醐味といえばなんでしょう?






























寝顔.JPG
そう、爆睡ですね。
口をあけて寝てなくて良かった♪といったところでしょうか?
人によっては爆酔してる人も居たとか居ないとか、、、




いつの間にかお昼ご飯の時間になっていました。
今回お邪魔したのは、ひつまぶし発祥のお店といわれている
名古屋市熱田区にある「あつた蓬莱軒」さんにお邪魔しました。

明治6年創業のこのお店は、名古屋でも有名なお店らしく、
大変混雑していましたが、
団体予約をしていたのですんなりと中へ、、、

しかし。結構待たされました。
なんでもお店のこだわりで、団体のお客さんでも、
到着してからじゃないと作り始めないんだとか。
おかげで、大変美味しい「ひつまぶし」が食べられました♪
おひつまぶし.jpg
蓬莱軒さんは味もさることながら、ボリュームもあり、
体を動かす商売をしてる参加者の皆さんでも
食べきれない方もいたので、おこぼれに預かれました。
コレでまたぐっすり眠れそうでs(←メタボ一直線)


さて、お次の目的地ですが、
名古屋といえば名古屋城。
この日は天気も最高で少し汗ばむぐらいでした。
名古屋城.JPG
どうです?この眺め!

ここ名古屋城は戦前まで一部が建立当時のまま残っていたのですが
大空襲によって焼失してしまったので中は意外と近代的でしたが、
その分資料関係が豊富で見ごたえ十分でした。





その後は、窯業の町で知られる常滑市で
ちょうど常滑祭が行われているということで立ち寄る事に。

この御祭りは山車を引く祭りで、それぞれの町内自慢の山車を
色とりどりのハッピ(髪の毛の色も)を
着た人たちが引っ張っていました。
からくり山車.JPG
この人形動くんです、、、
凝ったカラクリだと思うのですが、ちょっと怖かった、、、


そして窯業の町と言うだけあって、
町にもそのへんのアピールがありました。
招き猫.JPG
こんなのが、バス通り沿いに続いているのです。
招き猫.JPG
普通に考えると割られたりいたずらされないのかしら?
と思ったのですが、
自分の町を愛する人たちはそんな事しないんでしょうね♪



そして、今日のお泊りは、南知多温泉の「花乃丸」さん
知多半島の海沿いにあり、とっても綺麗な海の景色を見ながら
露天風呂に浸かれる旅館でした。
部屋から海が見られるのですが、この日は月がとても綺麗でした。


------------------------------------------------------------


次の日は、コレまでに見た事がないぐらい
豊富な品数の朝食バイキング(僕はご飯6杯食べました)を経て
半田市にある中埜酒造さんの国盛酒の文化館へお邪魔しました。
国盛.JPG

入口の上にはこんなものがありました。
杉玉.JPG
コレは杉玉と言って、
「今年も美味しいお酒が出来ましたよ」
というお知らせなんだそうです。
だから飾りたての時はまだ青々としているそうです。


そして案内の方に昔の酒造りの道具などを紹介していただき、
その後に現在の酒造りのビデオを見せてもらいました。

そこでは、最新の技術による酒造りを紹介しており、
「・・・別に昔ながらの酒造りにこだわってる訳じゃないのね、、」

と少しのけぞりましたが、そこで作られる色々な種類のお酒を
テイスティングさせてもらって美味しかったので良しとしましょ♪



旅の締めは、ここ、知多半島のブランド牛「知多牛」のすき焼きを
いただいて、大満足で帰路につきました。


また来年も変わらぬメンバーで楽しい旅行ができたらなぁ〜と
思いました。






P.S  体重が4キロ増えたのは内緒です。

   長文失礼しました。
posted by 鞄燗c工務店 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年02月02日

内田工務店新年会

今年からブログを始めてみる事にしました。
内田工務店入社2年目の平社員の学ですm(_)m


さて、先日(1/31)に内田工務店の新年会が
南常盤台の魚辰さん2階で開催されました。


幸いにも50名を超える参加者を向かえ、
盛大に催すことができました。
2009新年会

「景気的に暗くなりがちな時代ですが、
そんなときこそ経営者は笑顔で過ごしましょう!」
というわが社の社長の挨拶で開宴し、
その言葉どおり終始皆さん笑顔での宴会になりました。


この新年会のように、笑顔で1年を過ごしたいものです。

posted by 鞄燗c工務店 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント