2012年06月16日

2012年 安全衛生協力会 総会旅行

皆様、大変ご無沙汰しております。
気づけば、前回の投稿から、1年と半年、
JVで中学校を担当させていただいていた、
マスオこと学が帰ってまいりました。



おかげさまで、無事に中学校の引渡しも終わり、
内田工務店の通常業務に戻ってきたわけですが、
ぼちぼち、ブログの更新もしていこうかなぁ、と思っております。
皆様、長い目で見てやってくださいませ(汗)





さて、今回のお題は安全衛生協力会の旅行ということで、
通常なら、訪れた先々の様子を画像をまじえて
面白おかしくご報告ということになるのですが、
今回の旅行の主旨は、「視察」ということになっております。
なぜなら、行き先は被災地でもある、仙台と女川町となっておりまして、
単なる旅行ではなかったので、
すこし真面目な話もまじえてお伝えできればと思っております。




4/15(日)AM7:00 板橋の内田工務店をバスにて出発。


東北道を通り、昼ごろに仙台青葉城跡に到着いたしました。



青葉鳶跡.JPG
見てのとおり、震災の傷跡が残されておりました。
もともとこれは、立派な鳶の像が乗っかっていた台なのですが、
鳶が落下して、下に転がっておりました。
これは再建しないで、ころあいを見て取り壊してしまうようです。
さすがにこの方は健在でしたが、
DSC03324.JPG
そうです、伊達政宗公ですね。
やはり、タフなお方だったのでしょうか?
ご無事で何よりです。



この城跡だけでも、修繕や、まだ危険なので、
入れないようにしてある場所がありました。
もう震災から1年以上経つのに、、、
と、単純に思ってしまいました。
この旅行が終わるころには、まだ1年しか経っていないんだ。
と強く思わされるのですが、それは追ってお伝えしてゆきます。






次に訪れたのは、仙台市内にあります
「あすと長町ニュータウン」といわれるところです。
いわゆる仮設住宅です。
視察にあたっては、ここの自治会長様のご好意をたまわりまして、
わざわざ、ご挨拶と説明までいただきました。
ありがとうございました。

それによるとここは、宮城県初の仮設住宅だったので、
設置にあたり、いろいろな苦労と試行錯誤が今でも続けられているとのことでした。

当初は、砂利敷きの土地にプレハブ住宅を設置しただけの簡素なものでしたが、
そこに住まわれた方の意見で、どんどん改良がなされて、今の形(下画像)になったようですが、
DSC03334.JPG
雨が降ると水溜りだらけでぐちゃぐちゃになっていたので、排水設備とアスファルトを施工したとか、
縁の下に風が通り過ぎて寒いので囲ってみたとか、
風呂のリモコンが1つしかついていなくて不便だったとか、
当初、追い炊き機能がなくて、沸いたらすぐに家族全員入らなければならなかったとか、
あまりに夏暑くて、冬寒いので、断熱をしてもらったが、
給湯器などの設備がついている壁面は、工事が容易でないので施工してもらえなかったとか、
まだまだ、書ききれないぐらいの苦労と交渉と改良が加えられていました。
ろくにノウハウなんてない状態のスタート。
被災地の皆さんの素晴らしい努力で今の仮設住宅になっているようです。

しかし、ここで思ったのですが、
そもそも、「仮設住宅」という呼び名が間違っているような気がしてなりません。
そりゃあ、いろいろな手続きを経て、いつかはちゃんとした住宅に移り住み、
そこを後にするのでしょうから、それまでの「仮設」ですが、
工事現場の仮設事務所とは違い、本気でそこに人が暮らすのですから、
「仮住まいの家」であって、「仮設の家」であってはならなかったんだと思いました。

仮設→プレハブでOK→急げ!だったんでしょうね。
避難所の生活から、一刻も早く脱出させたかったという状況を考えれば
仕方がなかったのか、、、と思えなくもないですが、
実際にここで暮らす人のお話を聞き、目の当たりにすると、
住宅に携わる仕事をしている自分としても、
もっと良いやり方があったのではないか?となんだか悔しくさえ思えました。




まだ、視察のお話の1/3も進んでいないのですが、長くなったので次回に続きたいと思います。
posted by 鞄燗c工務店 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年01月13日

新年明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。


ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、
年も明けましたので、ブログをアップしてみる
内田工務店のマスオこと学です。


しかも、年が明けてから半月経過してしまいましたが、
皆様いかがお過ごしでしょう?


私は、今、内田工務店の得意分野である木造住宅を離れ、
共同企業体に参加させていただき、
板橋区内の区立中学校を建設しております。

「地元の工務店」というイメージの内田工務店ではありますが、
総合建設業として、あらゆる建築物に携わらせていただいております。
犬小屋から、商業ビルまでお気軽にご相談くださいませ♪

さて、私の現場の模様はいずれ。ということで、
今回は、昨年度末の内田工務店のイベントのご報告をさせていただきま〜す。



まず、毎年恒例となっております「餅つき大会」
これは、かれこれ35年は続いているイベントで、
地元の工務店として、お客様や関係業者で行っています。

昨年度は12/23の祝日に行われました。
午前中からもち米を洗ったり、火をおこしたりと段取りをして、
だんだんとつき手が集まってきたところで、
蒸らしたもち米をお越しいただいた皆様でつきます。
餅つき3
内装屋さんと社員

餅つき1
その辺に居た子供(うちの長男と義兄の長女)

餅つき2
美人社員&奥方(あ”〜写真が美人過ぎてブレちゃった)

と、みんな巻き込んで餅をつきます。
手馴れた方、初めて杵を持つ方、まったくお構い無しでついていただいております。




・・・だって、餅米90kg分だもの。

今年は、祝日に開催したのもあって、
仕事を終えた職人さんの参加が少なかったせいか、
私なぞは手の血豆がつぶれました(笑)

ここでついたお餅は、この場で食べる為のものだけではなく、
鏡餅にしたり、切り餅用に薄く延ばしておいたりして
皆様に持ち帰っていただくんです。
90kgでも足りないぐらいです。

しかし、毎年のこのイベントで、いろいろな方にお会いしてご挨拶もできますし、
一年の終わりを美味しく楽しく締められる、内田工務店に欠かせないイベントの一つです。




そして、12/28には、大山の好味来さんで忘年会でした。
忘年会2

同じ会社の社員とはいえ、
皆、個別の現場を持って行動しているので、
こうして社員一同集まることはなかなかないもので、
始めはなんとなく緊張してしまいますが、
美味しい中華料理とお酒で、
だんだんと言い辛いこともいえるようになったりならなかったり、、、
ご覧の通り楽しかったです。
事務のおばty、、、おねぇさま方も参加してくれたし♪
忘年会1


さて、また長くなってしまいましたが、
こうやって振り返ると、会社にとって恒例のイベントというものは、
大切なんだなぁ、、、と改めて感じました。
仕事が忙しくなると、ついつい疎んじてしまいがちですが、
忙しい日々を過ごしている時にこそ、メリハリをつける意味でも
大事なんだと思います。


皆様は、イベントを大事にしていますか?
次回は、新年会の模様をお伝えすることになると思います。
それでは!
posted by 鞄燗c工務店 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年12月17日

完成!「自然素材の家」I邸

皆さん相当ご無沙汰してしまいましたが、
I邸担当の学です。

先日の完成現場見学会にたくさんのお越しありがとうございました。
おかげさまで無事建物の引渡しも完了しまして、
こうやってブログなぞ、UPする余裕もできました。


・・・なので、仕事くださいまs








と、冗談はさておき、現場見学会にこられなかった方のために
少し完成した内部をご紹介しちゃいます。
案内してくれるのは、この人です。
I邸チョン正面.jpg
どうも〜!僕、バリ島から来たチョンマゲの「チョン」さ。
よろしくね♪
いつもはこの家の階段を上がったところに
ずっと立ってるだけなんだけど、
今日は案内役に大抜擢さ。
見所は色々あるけど、、、どこからご案内しよっかな♪




よしっ!まずはこの僕が立ってる
ダイニングキッチン。
I邸DK.jpg
広々していて気持ちがいいよね!
総無垢フローリングの温かみのある床と対面式キッチン。
このキッチンってば、反対側にも引き出しがあるから
ちょっとしたお皿やナイフやフォークとかすぐに出せて便利だなぁ〜

照明のライティングレールは、
レール上ならどこにでも照明をつけられて、
個数も向きも誰でも自由に変えられるから楽しいよね♪

I邸キッチン.jpg
ステンレスの塊みたいなキッチンは、シンプルながらも
食器洗浄機やIHコンロなどを備えて機能的。
レンジフードまでステンレスなんてこだわってるなぁ〜



さて、今度は木造のお家にとって大事なところを紹介します。
I邸大黒柱.jpg
THE 大黒柱。
6寸角(18cm角)の立派な柱さ。
最近の日本家屋じゃ見なくなったなぁ、、、
あ。僕、バリ島出身だったね。忘れてt

その奥に見えるのは、タタミコーナー。
お子さんが飛んだり跳ねたり、旦那さんが寝転んだり、
冬にはコタツ置いてもいいだろうなぁ、、、
広い空間の使い方が広がるよね♪



それから、カウンター。
I邸カウンター.jpg
やはり杉の無垢板を丁寧に削って作ったカウンターは
大工さんの手作り。
ハウスメーカーじゃなかなかこうはいかないよね。
上に人が乗っかっても大丈夫だよ?(※良い子は真似しないで)





そして、この建物の象徴とも言うべき、
I邸吹き抜け.jpg
THE 吹き抜け。
高いなぁ!!籠のような照明が素敵ねぇ〜
そして、これでもか!ってぐらいに板張り仕上げ。
塗装していない無垢の木の仕上げを使うと
調湿効果も期待できるんですって!
見た目だけじゃないんだねぇ。
あんまり写ってないけど、板張り以外の壁の仕上げは
「珪藻土」
コレも調湿性とホルムアルデヒドなどの
有害物質を吸い取ってくれる効果があるんですって!
もう出かけたくないかも。



ん?この階段も上りたい?
I邸階段.jpg
しょ〜がないなぁ。
ちゃんと階段も見てよ?
この力桁(ちからげた=段板をささえている梁のようなもの)
重厚で力強いねぇ!ある意味オブジェだね。



で、ロフト階!
I邸ロフト.jpg
うわ〜広いなぁ!
子供の秘密基地にぴったり。
見てよ!
ここからの景色。
I邸ロフトから.jpg
僕が小さく見えるよ?
子供が上で遊んでいても、ママの気配を感じられて安心だね♪



さてさて、上まで行ったら今度は外に出ようかね。
I邸外観.jpg
濃い緑の屋根とアクセントウォール。
アイボリーのリシンとのコントラストが映えるねぇ!
前面にある目隠しは、お客さんがどこかのHPで見たものを
内田工務店が再現したんだって。
細かい要望にも答えちゃうなんて憎い!

細かい要望といえば、
この家の和室の欄間と床柱は
以前住んでいた家で使われていたものを
この新しい家に引き継いだんだって!!
I邸欄間.jpg
そんな事も出来ちゃうんだ!
80年の歴史は伊達じゃないね!



ふう。あんまりダラダラ長くなってもアレなので、
今日はこの辺にしときましょう。
I邸チョン横.jpg
内田工務店はまたどこかで
素敵なお客さんと一緒に、
こんな素敵な家を建てていくんだろうな。
僕はこの家で、幸せに暮らす家族を見守っていく仕事があるから
もう皆様と会えないかもしれないけど、
こだわりの家を建てたい人がいる限り、
内田工務店は色んな人の家を作り続けていくんだね。

ずいぶん長くなっちゃったけど、
ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。
僕の役目は終わったので、また学に引き継ぎます。
さよ〜なら〜ぁ、、、


______________________________________


あぁ、お疲れ様でした、チョン君。
え〜と、自演自作お疲れ。僕。
posted by 鞄燗c工務店 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年11月21日

お久しぶりです。自然素材の家I邸

お久しぶりです。永友(拓)です。
I邸担当の学は忙しい(?)ようなので現場が終わってしまわないうちに変わりにお伝えします。

外部は足場が取れました。外構工事中です。

I邸外部1.JPG

I邸外部2.JPG

深緑のガルスパンがアクセントになっています。

内部もほぼ仕上がっています。
この日は建具屋さんが作業していました。もちろん『作りの建具』です。

I邸内部1.JPG

I邸内部2.JPG

I邸内部3.JPG

さすが『自然素材の家』です。天井、壁、床に杉板を使用していますのでまさに木で覆われているといった感じです。
最近はモダンな家ばかり見てきたのですごく新鮮な気がします。

今月の28日(土)、29日(日)に現場見学会を行いますので是非一度御覧頂きたいと思います。
posted by 鞄燗c工務店 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月05日

自然素材の家 I邸 無垢フローリング

最近過ごしやすい気候になってまいりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

I邸担当の学です。



さて、無事に屋根工事も完了しました。
屋根完了.jpg
お施主様、この色でよろしかったでしょうか?(笑)

写真に写っているボツボツしたものは雪止め金物といいます。
これがないと、雪が降ったときに屋根に積もった雪が
一気に落ちてくることになり、大変危険なので取り付けます。
雪が一気に落ちてくれば、雨どいも壊れてしまいますものね。



そして、いよいよこの建物も見せ場の一つでもある
国産杉の無垢フローリングの登場です。
杉無垢床.jpg
厚さ30mm、巾150mmの板を一枚ずつ施工してゆきます。
木目の表情が豊かでやさしく、安らぐ印象ですね。

もっと広く貼ったところをお見せしたいのですが、
貼ったそばから養生していくので
このくらいずつしかお見せできません。
実は現場に居る私達でさえ完成間際にならないと
仕上がった床全体を見る事は出来ないのです。
まぁ、養生が第一優先なので、
後のお楽しみにとっておきましょう。


次回は外壁の仕上げ実況になると思われます。
お楽しみに!
posted by 鞄燗c工務店 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年08月31日

板橋区S邸 完成!

こんにちは
永友(拓)です。

S邸の工事が完了し、無事お引渡しすることが出来ました。

外壁はガルスパンという金属サイディングです。
ガルスパンはガルバリュウム鋼板と断熱材によって構成される軽量な材料で断熱性、耐震性に優れています。
外部1.jpg

外部2.JPG

外部3.JPG

外部4.JPG

2階のLDKです。
内部の主な仕上げは天井、壁は塗装仕上げ。
床は天然リノリウム。その名の通り天然素材で出来ています。
内部1.JPG

内部2.JPG

内部3.JPG

トップライトから光が差し込みとても気持ちが良いです。
内部4.JPG

内部5.JPG

3階は間仕切りの壁がありません。
内部6.JPG

扉を閉めることによりそれぞれの部屋が完成します。
内部7.JPG

現場担当者、大工さんをはじめ協力会社の皆様お疲れ様でした。

お客様に喜んでいただけると良いと思います。

posted by 鞄燗c工務店 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年08月21日

自然素材の家 I邸 屋根工事

どうも。
I邸担当の学です。
永友(拓)に代わりましてI邸の現場実況をさせていただきます。



さて、先日めでたく建て方を迎えられた現場は
天候にも恵まれ、その後順調に工事を進めております。

建て方により、建物の骨組みが組みあがったので、
今度は屋根の細かい骨組みを組み立てる工事です。
屋根垂木2.jpg
このように、屋根垂木(やねだるき)と呼ばれる木材を
等間隔に並べて金物で固定してゆきます。



そして
野地板.jpg
野地板(のじいた)と呼ばれる杉の板を並べて釘で打ち付けます。
木目のランダムさが美しいですね。
水が漏れなければ、このままで良いのに・・・
と思うのは僕だけでしょうか?

最近ではこの野地板を使う家も珍しくなりましたが、
今回は「自然素材の家」
と言う事で、杉の無垢材である野地板を使用しています。

では、通常は屋根に何を貼っているのか?
と思われる方の為にお答えすると、答えは「合板」です。
合板は、簡単に言うと、薄く切った木材を重ねて貼合わせた物で、
一般にはベニア板などと言われるものです。
張り合わせる際に接着剤を使用する為、
自然素材とは言いがたい物なので、
この建物では、極力使用を避けています。

ただ、誤解しないでいただきたいのですが、
合板が悪い。といったものではないのです。
昔は接着剤の品質が悪く、人体に影響を及ぼす範囲の
有害物質(ホルムアルデヒド等)が出てしまっていたようですが、
現在では有害物質発散量の厳しい基準が設けられたので
F☆☆☆☆の刻印があるものであれば、まず問題はないようです。
しかも一般的に無垢材に比べて強度があったり、
変形に強い特性もあります。


ずいぶん薀蓄が長くなってしまいまして申し訳ありません。


さて、野地板が貼り終ると、今度はルーフィングと呼ばれる
防水シートを貼り付けてゆきます。
屋根フェルト.jpg
これを貼ってしまえば、多少の雨が降っても遮れるので一安心です。

余談ですが、このシートを貼り終えた際に、
お施主様が現場を見て、屋根の色が違うのでは???
とびっくりなされたそうです。(笑)
ご安心ください。
屋根仕上げはこれからでございます。


と、まぁこんな感じで現場実況をやらせていただきたいとおもいますが、
宜しくお願い致します!
posted by 鞄燗c工務店 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年08月19日

板橋区I邸・建て方

こんにちは。現場実況担当永友(拓)です。
17日にI邸の建て方が行われました。

I邸上棟1.jpg

柱、梁は杉の乾燥材を使用しています。
I邸上棟2.jpg

I邸上棟3.jpg

無事上棟しました。
I邸上棟4.jpg

I邸上棟5.jpg

これから本格的に工事が進んでいきます。
まだまだ暑い日が続くと思いますので体には十分気をつけて作業して下さい。

なお、次回からはI邸現場担当の伊藤(学)が実況致します。
お楽しみに!! 
ではまた。


posted by 鞄燗c工務店 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況

2009年08月12日

2009納涼会

気象庁は梅雨明け宣言を間違えてしまったんじゃないかしら?
と思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

今夜から車で高速をかっ飛ばして
京都に行く計画を立ててしまった学ですバッド(下向き矢印)
中央道か、東名を途中で降りるコースか未だに迷っております・・・



さて、先日、毎年恒例の内田工務店納涼会がありましてので、
その模様を報告させていただきたいと思います。

8/8(土)17:00〜内田工務店1F駐車場で
開催された納涼会でしたが、微妙な天気にもかかわらず
たくさんの参加者でにぎわいました。
納涼会5.jpg
見ての通りの盛況ぶりで、
まともな椅子が全然足りなかったのですが、
現場で鍛えられた皆さんは、段ボールを敷くなどして、
ワイルドに楽しく過ごしていただきました。
恐縮です。
ちなみに、写真中央の協栄会会長・板倉さんが持っているのは
我が社のマークが大きくバックプリントされたTシャツです。
基本的には社員が着るように作られたものですが、
協力業者の方々にも着ていただこうと、
少し多めに作ったものを無理やり配っているところでs


結局、50人ぐらいは参加していただいたようです。
余るだろうな、、、と思っていたお肉も完食していただき、
片付けが楽でしたよ(お土産用の肉にありつけなかったけど


まだまだ景気が良いとはいえない世の中ですが、
こういったイベントで企業間の結束を固めてゆく事も
大事な事だと感じましたが、
何よりも単純に楽しい!ってのが一番ですね♪
posted by 鞄燗c工務店 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年08月10日

板橋区I邸・土台敷き

永友(拓)です。
今回の現場は板橋区I邸です。
I邸は木造2階建ての2世帯住宅です。

先日、土台敷きが行われました。

土台は桧です。
土台.JPG

大工さんが墨出し、加工をしながら土台を敷いていきます。
土台敷き.JPG

土台に塗っている黒い物は防腐剤です。
今回は自然塗料を使用しました。
防腐剤2.JPG

基礎と土台の間に『基礎パッキン』と呼ばれる物を入れます。
キソパッキン.JPG

『基礎パッキン』には穴が開いていてこの穴から空気を取り入れ床下の換気を行います。
キソパッキン2.JPG

丸一日かけて土台敷きが完了しました。
完了.JPG

お盆休み明けにはいよいよ上棟です。
ではまた。
posted by 鞄燗c工務店 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場実況